様々な害虫獣の種類

  1. 害虫駆除
  2. 様々な害虫獣の種類
  3. その他
害虫駆除に関するお問い合せはこちら

その他

その他

ワラジムシのイラスト ワラジムシ:体長20㎜前後
ダンゴムシと同じくワラジムシ亜目に属し、体色は青灰色のものが多いが、体色変異が多く、褐色味の強いものもいる。日本全国に生息している普通種で、夜行性であるため昼間は湿度の高い物陰に集合して隠れている。
腐った植物質なら何でも食べる。室内に侵入した場合、湿度の高い場所(浴室などの水まわり)に出現するので不快感が大きい。
ダンゴムシと違い、ワラジムシは丸まらない。
ダンゴムシのイラスト ダンゴムシ
ワラジムシと同様に、ワラジムシ亜目に属し体色は青灰色で光沢がある。ワラジムシよりもやや大きく、体全体が丸みを帯びている。
生態上の性質はワラジムシとほとんど同じである。
ダンゴムシは刺激を受けると体を折り曲げて丸くなる。
シバンムシ類のイラスト シバンムシ類
シバンムシは小型の甲虫で、世界で2,000種近くも知られている。(日本では40種以上)
一般的に見られるシバンムシは、体長2.5㎜内外で赤褐色のもの(ジンサンシバンムシやタバコシバンムシなど)で、乾燥食品類などの被害が多い。指で触れたりすると、死んだふりをする性質がある。
クモ
クモは多くの昆虫の捕食者です。 コバエなど、昆虫を捕まえようとして店内に侵入し、クモの巣を張ることが良くあります。 クモの見た目やクモの不吉なイメージから、大半の人が嫌っているのが現状です。
カツオブシムシ
カツオブシムシ類は甲虫目に属します。 カツオブシムシの被害は、生糸、絹織物、毛織物、乾燥食品などの食害があります。
キクイムシ
キクイムシ類は甲虫目に属する害虫です。 木材内部のでんぷん質の豊富な部分を食害します。 建物や家具の美観を損ない、多数の被害を受けると表面を残してボロボロになり、強度を失ってしまいます。
チャタテムシ
チャタテムシ類は、比較的体が柔らかく、大きな頭部と長い糸状の触角を持つ 小さな昆虫です。 室内では多湿な環境にある古文書や図書、木材、畳、壁紙などに見られます。 また、干椎茸や鰹節などの保存食品に多発する種類もあります。
シミ
シミ類は翅のない昆虫で、野外性がほとんどですが、一部の種類は屋内に住みつき 不快害虫になっています。 翅がなく、体全体が小さい鱗で覆われているため、大昔から魚に似た虫と言われ、英語では「シルバーフィッシュ」とも呼ばれます。
ゴキブリ、ねずみ、コバエ、シロアリ、アリ、ハエ・蚊などの代表的な害虫以外にも、クモ、その他昆虫類(カツオブシムシ類、シバンムシ類、キクイムシ類、チャタテムシ類、シミ類など)にも対応致します。
【その他の害虫獣の仲間はこちら】  ゴキブリの仲間  ねずみの仲間  アリの仲間  ハエ・蚊の仲間  その他
無料調査実施中!今すぐお電話ください。無料調査実施中!
まずは、無料相談からお気軽にお電話ください!
フリーダイヤル:0120-889-123
(は・や・く・1・2・3と覚えてください。)